Topics


1月11日(日)~1月30日(日)ステンドグラス小野/ ステンドグラス作品展が始まりました。詳しくはギャラリー案内にて。



ヒンメリ展示終わりました。たくさんの人に興味を持ってご覧いただきました。また作品をご購入していただいた方だたからも、大切にしていますとわざわざお言葉を頂きました。重ねてお礼申し上げます。皆様ご覧いただきありがとうございました。

クリスマス🎅オーナメント入荷しました✨
国東産小麦で作ったヒンメリ🌃✨
12月25日までの期間、クリスマスマーケット風スペースもお楽しみ下さい🎄(実際に販売もしています)
ヒンメリが織りなす光の空間展は12月28日(火)まで開催しています✨


第11回田染かかしコンクール㊗入賞✨
今年は優秀賞をいただきました✨
案山子を見てくださった皆様、
投票してくださった皆様、
コンクール関係者の皆さま
ありがとうございました🙂
これからも田染荘の自然と里山景観と
アートの融合体験が楽しみです🍄🍁🌲🌾


ビジュツキョウシツ&ギャラリー アトリエアルテ
ビジュツキョウシツ&ギャラリー アトリエアルテ

<ヒンメリワークショップのお知らせ>

1218()にヒンメリ工芸職人高橋慶典さんによるヒンメリワークショップを開催します🍁
本日より受付を開始しています。
午前の部10:0012:00
午後の部13:0015:00
各回定員5名様ずつの募集です。午前の部は残り2名様です。
参加費:1000
場所:美術教室アトリエアルテ
お申込み先は麦っこストロープロジェクト(宮永さん)090-4518-0511まで。

北欧フィンランドの伝統的なクリスマス飾りとしても、ヒンメリづくりをお楽しみ下さい。
今シーズンの麦っこストロープロジェクトさんによるヒンメリワークショップは、材料に限りがあるため大変貴重です。

 

 


111日より開催する、ギャラリー企画展「ヒンメリが織りなす光の空間展」

は北欧フィンランド発祥の光のモビール「ヒンメリ」と絵画作品のコラボレーション展示です。

会期:111日㈪~1228日㈫1218日㈯はヒンメリ工芸職人の髙橋慶典さんによるヒンメリワークショップも開催致します。フィンランド式冬季のものづくりのたのしみを国東半島産麦わら素材で味わってみませんか?


画家赤木範陸氏のTV出演がございます。
日時:11月14日(日)11:45~
西日本TVのTNC 「美の鼓動」に出演するそうです。リアルタイムでご覧になれない方は下記の番組HPにて見ることができます。
https://www.tnc.co.jp/kodou/ です。
皆様も絵に興味のある方はぜひご覧ください。なお、表記の美術教室施設ギャラリーは観覧無料です。
飲食はできません。<(_ _)> なお、ヒンメリ作品(絵画も含め)販売可能です。よろしくお願いいたします



&ギャラリー取り扱い作家(兄)の作品展示に関する最新情報です。子弟二人展!

以下の展示情報(横浜SOGO)

URL:https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/topics/page/art-gallery-akagi-zhang.html

  • 赤木範陸(瓊血)・張媛媛 師弟展 ~エンカウスティークの■2021年10月12日(火)~18日(月)■ 横浜SOGO美術画廊 6階=美術画廊
  • ※最終日は午後4時閉場。溶かした蜜蝋と顔料を用いて描く古代の絵画技法である『エンカウスティーク技法』研究の第一人者である赤木範陸先生、そして、その教えを継承する若手女流画家である張媛媛先生による二人展を開催いたします。

赤木範陸(瓊血)「おいでませ」  S30号 エンカウスティーク

[略歴]

 赤木範陸(あかぎのりみち)1961年 大分県に生まれる

 

1988年 東京藝術大学美術部油画科卒業、同大学院油画技法材料研究室入学、大学院在籍中にミュンヘン国立藝術大学合格

1990年 東京藝術大学大学院博士前期課程技法材料研究室修了、1989年から在籍していたミュンヘン国立藝術大学教会藝術研究室における研究のため渡独、 翌年DAAD(ドイツ学術交流会)により国費留学生として給費を受ける。

1995年 ミュンヘン国立藝術大学教会藝術研究室満期修了、ディプロム修士取得(DiplomMA)、マイスターシューラー(Meisterschuler)の称号授与

張媛媛「桃鸚鵡図」直径27.5cm エンカウスティーク・岩絵具    

[略歴]

張媛媛(ちょうえんえん)1984年 中国湖北省に生まれる

2007年 中国大連大学美術科卒業

2015年 横浜国立大学大学院(赤木古典絵画技法研究室)修了

2019年 東京藝術大学大学院(油画技法材料研究室)修了

20182019年 ロータリー米山記念奨学金

2020年 第37回上野の森美術館大賞展受賞者展

◎お問い合わせ:6階=美術画廊

 電話 0454655506 直通

※数量に限りがございます。売り切れの場合は、ご容赦ください。

※写真と実物では色・素材感などが異なる場合がございます。

 

※予告なく、変更・中止となる場合がございます。



ギャラリー近影
先代和食店を営んでいた両親からプレゼントが届きました感謝。45年間お客様を迎え続けた空間と、現在絵画作品のある空間を繋ぐ、明かりですイサム・ノグチのAKARI」シリーズ
イサム・ノグチ氏のことば。
太陽の光や月の光を部屋に入れようという意味から
「明かり」という言葉ができ、漢字も日と月とで出来ています。近代化した生活にとって、自然に近い照明は憧れであり、和紙を透かしてつくる明かりは、ほどよく光を分散させて部屋全体に柔らかい光を流してくれる。
AKARI」は光そのものが彫刻であり、影のない彫刻作品なのです。』秋~冬にかけての展示が楽しみになってきました。


すぐその気になってみる。

瞑想・・・


美術教室アトリエアルテ&ギャラリー 常設展赤木範陸1期は、9月20日まで

以下newsは赤木範陸関連。最近の活動。


「無問東西 wu wen dong xi」という標題で日中現代芸術家合同展が虎ノ門、森ビルの1Fに入っている中国文化センターで9/13日から開催。

※今月 美術雑誌 月間美術に掲載。

 


8月8日 札幌大丸百貨店美術画廊での個展の様子です。 

以下。画家のFaceBookより抜粋。コロナ禍での対策をしながらの開催。今アーティストの皆さんも

どの職業の方も本当に大変です。どうぞ心と体が健やかでありますように。

札幌大丸百貨店美術画廊「赤木範陸」
札幌大丸百貨店美術画廊「赤木範陸」
「花猫図」エンカウステイーク、金箔 F8(部分)「赤木範陸」
「花猫図」エンカウステイーク、金箔 F8(部分)「赤木範陸」