美術教室アトリエアルテ

黒津崎教室

 

「創造することは新しい自分に出逢うこと」

8月の開講に向けて、生徒さん募集をいたします。電話、メールでのお問合せや受講申し込み(無料体験)は、もうしばらくお待ち下さい。


国東町に5月に移転後、美術教室8月の開講に向けてひたすら準備中~

 

 

 


移転前 3月30日 作品

ブログで紹介しています。バードカービングの作品を水彩で描いた作品です。

これまでデッサンを中心に学んできましたが、最後は、教室の花を水彩で描きました。

美術教室アトリエアルテ

デッサンを学んできたなかで、水彩画は、少し体験したくらいでしたね。とはいえ、なかなかのできですよ。やはり基礎であるデッサンをしっかり取り組んできたからではないでしょうか。毎週のクロッキー添削。家で取り組む3分間クロッキー(その前は10分でした)教室の受講はじめにその週の作品を見ました。これほど継続して行けることがすばらし~。

これからも、無理なく楽しく美術とかかわって、生活に心を豊かにする美術を楽しんでください。



やってみよ~ 色みつけシートを作って色の研究!!

以下の取り組み、大人も子どものやってみたら楽しいんじゃないかな!時に、身の回りの物をじっくり観察するのって案外楽しい。

見つけたものに色の名前を付けたら今度は、実際にその色を作ってみる。~チャレンジしてみて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「色みっけシート」で色探し。

今回は、庭先色探し探索で見つけたものを採集して貼り付け、勝手に色の名前を付けて遊ぶ!

 

 いざ、やってみると、案外いろんな発見がありますよ。道端や庭先でよく見かける小さな花、でも名前も知らない!今日は色探しついでに、そんな何気ない花たちの名前もしらべてみました。




<教室使用について> 日程は移転後の新日程となります。

連絡の際希望するコースを伝えてください。

各コース(油彩・水彩・基礎デッサン)については曜日固定いたしません。ご都合の良い日を選んでください。 初めての方も歓迎です。基礎から丁寧に進めてゆきます。

なんでもご相談ください。

受講料は、1講座180分(1.500円)参加した講座ごとのお支払い。

※第4土曜日・日曜日は休講となります。

(ワークショップを行う場合有)

7月より受講受け付けいたします。スタートは8月8日!

<受講料>

🎨美術教室 

 1回2時間1,500円 

    ※時間設定について、ご都合に合わない場合は相談ください。提示時刻以外でも可能な場合もございます。入会金、年会費はありません。

材料・用具は、特別に購入が必要な場合、連絡購入後に別途代金を頂きます。

「連絡先」 ℡:090 -1191-8445  

✉arteps.3832@gmail.com 

(代表)赤木義光   

これまでの教室生徒さんの作品は、本HPブログでいくつか紹介しています。


  講師参考作品

 油彩画

美術教室アトリエアルテ赤木義光
油彩画サムホール「葡萄と猫」

美術教室アトリエアルテ赤木義光
古風なガラス器のある静物

美術教室アトリエアルテ赤木義光
油彩画F3号「シロバナサルスベリ」

水彩画 

美術教室アトリエアルテ赤木義光
水彩「眠るオルゴール」

 淡彩クロッキー

美術教室アトリエアルテ赤木義光
高田城跡

赤木義光
水彩:割れた器

鉛筆 デッサン基礎~

美術教室アトリエアルテ
人物素描

美術教室アトリエアルテ
紙コップと紺と黄色の色紙

美術教室アトリエアルテ
人物素描

 美術ワークショップ

初心者向け陶芸・張り子だるま 

美術教室アトリエアルテ
陶芸板作りの茶碗
国東鬼だるま
国東鬼だるま

  アクリル画

美術教室アトリエアルテ
緒方町 原尻の滝

美術教室アトリエアルテ赤木義光
秋のカトレア



 教室の名前について>

 美術教室アトリエアルテ(atelier  arte)の「アルテ」はイタリア語で「芸術」を意味します。豊かな風土の上に芸術が花開いたイタリア半島への憧れと、小さな教室から個性豊かな芸術の花がたくさん咲きますようにとの願いを込めて名付けました。

 

 教室の場所について>

 国東半島には、半島で産出される「石」を素材にした石造美術が数多く残されています。磨崖仏や石造仁王像、石鳥居、庚申塔、国東半島に特有の宝塔(国東塔)等々。六郷満山文化と呼ばれる祈りの文化を基盤に、今もなお人々の暮らしの中に石造りの文化が生き続けています。(※大分県内の石造物の約6割以上が国東半島に現存しています。)穏やかな環境の中で、自分と向き合う静かな時間。国東半島には美術制作に相応しい文化環境があると考えます。

 

 美術について>

 絵を描くことやものをつくることは、私たちが心豊かに生きていくために必要な表現活動のひとつです。言葉では表せない思いや感動や願いを、色や形、素材、場を生かした美術表現として表すことで、不思議と心は満たされ、解放されていきます。また美術文化は、地域や時代を超えた他者や異文化への理解、コミュニケーション機会などの多様な社会的役割を持つとともに、日常生活を美しく楽しく彩るために欠かせない縁の下の力持ち的な存在でもあります。

  インターネットや電子機器などに囲まれ、ますますスピードアップしていく現代生活の中、美術制作を通して生まれる「自分の感覚にじっくりと向き合う時間」は、新しいものの見方や新たな発見を生み出す貴重な時間となり、これまで気づかなかった自己の可能性を広げるきっかけになると考えています。

 心を自由に。生活を豊かにひらいていくはじまりの場所として。

美術教室アトリエアルテは、だれもが気軽に訪れることのできる「町の美術室」を目指しています。みなさんの新しい体験のお手伝いができれば幸いです。

 

 教室の設備について>

 私たちの美術教室では、絵画関連の材料用具以外にも、少人数用の電気陶芸窯と電動ロクロが1台、小型銅版画プレス機なども備えています。絵画制作を中心に、身近なものづくりが体験できる設備をご用意しております。※冷暖房・トイレ完備。 



美術教室アトリエアルテの講師紹介

 

赤木義光(アカギ ヨシミツ)

描くことやものづくりを通して、皆さんの日々の楽しみを広げるお手伝いができればと思います。美術を愛好する人に出逢うことが楽しみです。美術科指導経験(小中学校、高等学校、支援学校)を生かしたわかりやすい解説とアドバイスを心がけています。小さな美術教室ではありますが、制作を楽しみにして来て頂けるよう頑張ります。 大分県立大分舞鶴高等学校美術科教諭を退職後「美術教室アトリエアルテ」を開設・主宰。大分県別府市出身。

※「写真は、豊後高田市 恋叶トンネル(真玉人道トンネル)内の壁画より」・・足を組んだこの体制結構つら

        かった。(^^♪

 本オフィシャルホームページのほか、fakebookページ, Googleビジネスにも地図が掲載されています。他、個人HPブログ「絵・そらごと日記」(https://atelierarte.exblog.jp) 気まぐれに更新中!こちらも気まぐれでご覧ください(^^♪。 

 


赤木 歩(アカギ アユミ)

油彩画、童謡唱歌を題材にしたイラスト、民話紙芝居などを制作しています。昔ながらの身近な工芸品(竹細工、陶磁器、藍染め、郷土玩具等)を通じ、普段の生活の中にある美術の働きについて考えています。DARUMA-doプロジェクトでは「国東鬼だるま」を試作中。最近は灯台のスケッチがお気に入り。

豊後高田流手打ちそば初段。中学校/高等学校美術科教諭免許。博物館学芸員資格。防災士。別府大学文学部美学美術史学科実技コース/武蔵野美術大学造形学部通信教育課程芸術文化学科文化支援コース修了後、九州大学大学院芸術工学府科目等履修生。大分県国東市出身。

よろしくお願いします。